診療科目

整形外科

整形外科は骨・関節・筋肉・神経等の運動器疾患を治療する診療科です。そのために当院では、レントゲンだけではなくMRI、超音波診断装置、骨密度測定装置を駆使した適正な診断を行っています。
リハビリテーション治療を要する患者様のために広い理学療法室へ充実した医療機器を設置し、十分な数の理学療法士と作業療法士を配置しています。
介護が必要になった高齢の患者様には、併設した通所リハビリテーション(デイケア)が利用できます。

これからも地域の皆様へ、時代先端の医療・介護を提供出来るよう、職員一同努力していきます。

mri3roentgen

リウマチ科

リウマチまたはリウマチ性疾患とは関節を中心とした運動器(骨・関節・神経・筋肉・靱帯等)に疼痛を起こす病気を言います。

きわめて多くの疾患が存在し、循環器疾患、精神疾患、悪性腫瘍と並んで4大疾患とされています。その代表的疾患として、関節リウマチ、膠原病、変形性関節症、骨粗鬆症、痛風等が挙げられます。

治療には薬物療法、運動療法、食事療法、理学療法、装具療法、手術療法があります。

関節が腫れている、赤くなっている、熱を持っている、痛い、変形しているというのが主な症状であり、お困りの方がいればいつでも受診して下さい。

リハビリテーション科

リハビリテーションとは、病気やけがなどで障害を持った方々に対し、元通りの生活または元通りの状態に近い生活を送れるように訓練・治療を行なうことです。

急性期から出来るだけ早期にリハビリテーションは開始されますが、再獲得された機能を維持するためのリハビリテーションも必要です。特に高齢者の場合は加齢や廃用による機能低下も危惧されます。人の世話にならずに自立した生活を送れる健康寿命を1日でも伸展させることは、超高齢社会になった現代日本の主要な責務の一つでもあります。

スポーツ・交通事故や労災等の外傷、変形性関節症・変形性脊椎症や関節リウマチ等の疾病、骨折・人工関節や脊椎手術等の術後、使いすぎ症候群や廃用症候群に対するリハビリテーションが当院でよく行われています。

rehab_machines_02